『イタリア好き』 イベント★カラブリア料理 メニュー

TATIN’S ロゴ.gif


R0010084.JPG

 さて、
フリーマガジン『イタリア好き』のカラブリア料理イベントの
1部はエリオ・ロカンダ・イタリアーナのシェフこと
ジェルマーノさんによる料理教室が行われました。

2部はお待ちかねのディナーTimeです。

数え切れないほどのカラブリア料理に舌鼓です。
ちょっとお料理が地味に見えるのは、
伝統的なカラブリアの家庭料理だからこそ。
エリオさんのご実家に招かれた様な気分を
存分に味わうことができました。


R0010048.JPG

スカペーチェ ディ ズッキーネ エ メランザーネ
ズッキーニとナスの千切りをお漬物のようにして作る冷菜を、
サックさくのブリオッシュに乗せて。


R0010088.JPGR0010092.JPG
クリスペッレ アッラ ンドゥイヤ エ アリーチ
発酵生地にカラブリア地方名物のンドィヤやアンチョビを包んで揚げた温前菜。

R0010105.JPG
ピッティッチェッリ ディ メランザーネ
たっぷりのナスをつかってつくるポルペッティー(円盤型のもの)
の様なメニュー。
アラブ料理の影響を深く感じます。


R0010110.JPG
チコリア エ パターテ
しっとり濃厚なお味のジャガイモとチコリのソテー。素朴な味わいに、
唐辛子の辛さがアクセントに。


R0010102.JPG
ヴァジャネッレ イン パデッラ
乾燥の甘味のある赤唐辛子をオイルでフライ。
サクサクでかりっかりの一品。ついつい手が伸びます。


R0010100.JPG
リコッティーネ エ ミエレ ディ フィーキ
オーガニックミルクで自家製の
とーっても甘いリコッタチーズにバルサミコの様に
風味の良い無花果のソースを添えて。
罪な味・・・。


R0010103.JPG
???
料理名・・・忘れました。
白子が唐辛子と一緒にソテーされた1品。
結構、辛め!!!


R0010112.JPG
セッピエ アル ポモドーロ イン パデッラ
大型のスミイカをトマトと一緒に煮込んだ一品。
なんだかイカ飯に通ずる懐かしい和食の味。
イカが驚くほどソフトに煮込まれていました。


R0010104.JPG
ガンベレッティ フリッティ
小エビのフリット。
ノーマルなお味。

さて、前菜は終わり。
続いてスープへ。
R0010113.JPG
ズッパ ディ ファジョッリ エ ヴァジャネッレ コンツァーテ
いんげん豆のスープ パプリカのソテー入り。
いい意味でとっても田舎なお味でした。


続きましてピリモピアット達!3品も!
R0010124.JPG
 パスタ コン サウリ エ チポッリーネ
鯵とスプリングオニオンの超!超シンプルパスタ。
そのまま食べるとなんだか物足りないな・・・・と思っていると
エリオさんが登場!

自家製の唐辛子オイルを少しかけてとの
呼びかけにトライすると・・・
なんとびっくり!ピシッと決まったお味に変身したのでした!
恐るべし唐辛子効果!

R0010125.JPG
セダニーニ アル プロフーモ ディ チェードロ コン ガンベレッティ エ ヴォンゴレ
セダニーニというカラブリア独特のパスタ、リガトーニに類似。
チェードロというのは、ユダヤ教で崇められている神聖な柑橘類。
カラブリア地方はその昔、南イタリアで一番ユダヤ教徒が多く住んでいた地域だったのです。
これをカンディータ=砂糖漬けにしたものを、
ふわっふわに削ってトッピング!。
なんと見た目はチーズです。
具はご覧の通り、海老とあさり。
食べてびっくり、聞いてびっくりの、超ローカルな一品でした。

R0010128.JPG
↑これがチェードロ。
シチリアでも生のチェードロをよく見ました。懐かしいな〜。

R0010131.JPG
スカフェットゥーニ アッラ リコッタ エ ンドゥイヤ
ビンタ!という名のパスタ、スカフェットゥーニ!
ほんのりとスモーキーなンドゥイヤの旨みとリコッタチーズを
シンプルなトマトソースで。
自家製リコッタにすっかりハマッタのでした。
近々、カリオ(レンネット)を問い寄せて
自家製リコッタチーズをゆっくり作ろうと決心。

セコンドピアットは豚腿肉のオーブン焼きでした。

R0010145.JPG


R0010147.JPG
コショット ディ マイヤーレ コン フンギ ポルチーニ アル フォルノ
生ポルチーニがたっぷり!
正確には急速凍結させてポルチーニ茸でしたが、
十分に美味しさが楽しめました。


そして本日のワインたち。
R0010086.JPG

R0010106.JPG

R0010132.JPG


チーズは・・・
ペコリーノ カラブレーゼ。
ブドウジャムが添えられました。



うっぷ、おお腹がクルシイころ・・・
そしてお待ちかねのドルチェ!
R0010152.JPG
ムース ディ リクイィッツィア
甘草のムース・・・黒蜜味??
ピッタンブリリアータ・・・ナッツが包まった焼き菓子
&アーモンドのマジパンクッキー。


R0010157.JPG
ジェラート タルトゥーフォ
甘草のリキュールが利いた2色アイスクリームでした。


・・・ふぅ。
 お腹いっぱい、胸いっぱい。
大満足のカラブリアンディナーでした。


R0010158.JPG
エリオ・ロカンダ・イタリアーナの皆さん、
本当にご馳走さまでした。


R0010118.JPG
そしてごはんの後はチャリティーバサー。
エリオさん達の計らいで出品された、カラブリアの伝統パン。

そしてまだまだ熱い夜は続くのでした。


VIVA!カラブリア!
VIVA!イタリア!
・・・な夜でした。

そして

やっぱり
 『 イタリア好き 』



☆お料理教室ランキングに参加しています。
ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ



とっても珍しい!★カラブリア料理の本

 

20110119_1787671[1].gif

R0010164.JPG

R0010165.JPG

R0010166.JPG

  先週末のフリーマガジン『イタリア好き』のイベント、
カラブリア料理食事会の写真をご紹介する前に、
最近のお気に入りの、カラブリア料理本を紹介致します。

カラブリア料理の本は、
もちろん、イタリアのブーツのつま先にあるカラブラ州に行ったなら、
購入できるわけですが、
イタリアのほかの地方で、ふらっと入った本屋さんで
見つけることなど、なかなか難しいものです。
何しろイタリア人は郷土愛★がとっても強いですから。
隣州の料理本などは割りと手には入りますが、
町の小さな本屋さんではなかなか売っていません。
無論、
日本では、出版もされていないのです。

↑のお気に入りの本は、
アメリカ在住のカラブリアをふるさとに持つ女性が著者。
英語で書かれていて、
センスの良い写真が多数。

ンドゥヤと呼ばれる、豚の生の頬肉に唐辛子粉を混ぜて熟成させた、
カラブリア州のとってもティピカルな郷土の1品や、
南イタリアの生パスタ王国のカラブリアの
素朴な自家製メニューが
沢山詰まった素敵な本です。

ご興味ある方は是非探して見てくださいね。
きっとイタリアという国の懐の深さに気が付くハズです★



☆お料理教室ランキングに参加しています。
ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ



『イタリア好き』 イベント★カラブリア料理って???

 

20110119_1787671[1].gif

R0010162.JPG


雨続きの毎日、如何お過ごしでしょうか?
こんな雨の時期は、
底抜けに明るい南伊のエネルギーのチャージがオススメです★


先週末は、
大好きなフリーマガジン『イタリア好き』のイベントに
イタリア料理業界15年余りの主人と参加して参りました。

10年程前にとってもお世話になった
イタリア料理教室の先駆者でもいらっしゃる、
坂上先生が偶然向かいのお席にいらして、
嬉しい再会をしてしまいました。
またなんともご縁の濃さを感じて嬉しく思いました。

今の私があるのは、坂上先生が
イタリアでの留学先の料理学校への推薦をして下さったからでしょう。
今更ですが、すごく感謝しています。




TATIN’S HOME KITCHENでも毎号、
生徒様にご紹介させて頂いている、
フリーマガジン『イタリア好き』。

とってもと〜っても、素晴らしい、
かなり濃厚なイタリア臭の漂うフリーマガジンです。
今回の新刊はカラブリア州特集。
カラブリア?
からぶりあ?
カンブリア・・・宮殿?

いえいえ、カラブリアです、
南イタリアのブーツのブーツのつま先からツチフマズくらいの位置にある州です。

地中海の中心に位置する、その地理的背景から、
ひと時代前まではユダヤ人が南イタリアで最も沢山住んでいた地域だそう。
やっぱり、そうか・・・、
カラブリア地方の方のお顔から、
そのことはなんとなく感じていました。

今回のイベントはカラブリアといえばこの人・・・
エリオ・ロカンダ・イタリアーナのエリオさんの麹町のお店で、
行われたのでした。
エリオさん、温かいお人柄です。

R0010060.JPG

カラブリアの西のお隣の州=シチリア自治州に
私は恋焦がれて、しばらく住みついてから早10年・・・。
月日が経つスピードに全くついて行けない今日この頃・・・。
シチリアを知るには、アラブ文化を知らなくてはと気づいたのが数年前、
モロッコやチュニジアをフラフラしてっみたり、
本場の先生について料理を習ったり・・・。
なんだかそうしている内に、少し南イタリアのこと、
強いてはイタリアという国の出来方が分かる様な気がしてきたのでした。
そして、カラブリア州のこともなんとなく分かった気がしていました。
ただ、
料理にかーなり唐辛子を使って辛いよねーと思っていただけですが・・・。

R0010122.JPG

しかし、!

似てる様で、全く非なること・・・たくさん。
辛いだけじゃないんだカラブリア料理!とっても魅力的なのでした。

ここ最近の私の趣味は、
アラブ圏が地中海の、特に今のイタリアという名前になっている土地に、
及ぼした様々な影響の断片を、
現在近隣諸国のレシピから垣間見ること・・・、
というかなりオカシナ趣味の私は、ここぞとばかりに
エリオさんに沢山のたくさんの質問を投げかけてしまいました。
すごく丁寧に、そしてとても良いお話をしてくださったのですが・・・

・・・お陰で、15人の料理教室の参加者の内、
エリオさんい質問が出来たのは、
たった3人・・・。すみません皆様。


さて、
イベントに一部はカラブリア料理教室、
二部はカラブリア料理とワインを楽しみ、
そしてチャリティーセールなども行われたのでした。


お料理のお味はと言えば・・・
思っていたよりずっと優しい味わい・・・。
どのお皿も気合い満タンで美味しく頂まきました。


次回はお料理の写真、紹介しますね。

R0010083.JPG


☆お料理教室ランキングに参加しています。
ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


2月IAコース モロッコ&チュニジア料理レッスンの模様

20110119_1787671[1].gif

2月末は地中海の南側の国チュニジアと、
ヨーロッパに最も近いアフリカの国モロッコ料理を
和やかな雰囲気の中お楽しみ頂きました。 
レッスンの最後には焼き菓子とチュニジア式のミントティーで
★Tea time★!
P2161047.JPG

P2240880.JPG


2月★IAコース(イタリア料理とアジアごはんコース)★
 『 モロッコ&チュニジア料理 』
  〜邸宅ホテルのおみやげレシピ〜

 昨年末にチュニジア&モロッコの旅で訪れたマラケシュ。
  スイス人のホテリエとスウェーデン人の建築家がオーナーというとてもモダンでいて、
そしてクラシカルなアラブ様式の魅力溢れる、
とっても素敵な邸宅型ホテルの『リアド・エニア』
    http://www.riadenija.com/
  にて、
笑顔の素敵なAzizシェフ率いる素晴らしいCookingチームよる料理クラスを
  プライベートな雰囲気の中、経験して参りました。
これまで学んでいたモロッコ料理とはまた一味もふた味も違ってその味わいは新鮮で、
  彼らに丁寧に教えて頂いたお気に入りレシピを、
是非是非、スタジオに遊びにいらして下さる皆さんへと思い、
ご家庭でも作りやすく、遠く離れた東京で再現致しました。
ちょっとマニアックなメニューだったかも知れませんが、
モロッコやチュニジアという国のお料理が少し身近に感じて頂けたのなら幸いです。

PB170221.JPGPB170350.JPG
↑右の写真のコックコートの方がAzizシェフ。心の底からお料理を愛しておられました。
★旅行中の滞在でもそういう方にお会いで来るって本当に感激です★


★レッスンメニュー★
P2181054.JPG
モッカンサラダ
〜アルガンオイルを添えて〜(モロッコ)


P2240906.JPG
  ・人参とオレンジのスープ
 (モロッコ)


P2240888.JPG
  ・詰めものイカと冬野菜のクスクス (チュニジア)


P2240868.JPG
  ・モロッコの焼き菓子  
(モロッコ) 

     

 
1レッスン代  登録メンバー様・・・¥6500
          単発メンバー様・・・¥7000

お問い合わせ、お申し込み、お待ちしております。
お問い合わせ頂けましたら詳しい資料と
来年3月までのスケジュール表をお送りさせて頂きます。
tatinshomekitchen38@yahoo.co.jp


☆お料理教室ランキングに参加しています。
ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ



☆☆☆イタリア好き☆☆☆配布中!!!

20110119_1787671[1].gif
P2101022.JPG

『 イタリア好き 』
・・・という小冊子、ご存知でしょうか?
私はこの小冊子が大好きです。

本当のイタリアのイタリアらしい姿をはっきりととらえ、
記者の視線と温度差のない写真と文章で綴られる、
とっても素敵なイタリア情報満載のフリーマガジンなのです。

毎号、イタリアの州ごとに特集が組まれ、
初号はジェベーゼでお馴染みのリグーリア州、
第2号はイタリアのカカトの州プーリア州、
第3号は海のない州ウンブリア州、
そして最新号の第4号は、サルデーニャ州。

わが街、村をこよなく愛する人々が主人公で、
ミニコラムや地方料理レシピ、
各州の食文化を中心に巡るツアーの案内etc・・・。
楽しいページばかり。

縁あって、
2号目よりTATIN’S HOME KITCHENでも
この『イタリア好き』をご希望の生徒様にお配りしております。
そうなんです、スタジオもこのフリーマガジンの設置店。

お配りできる部数は、今後は増やす予定ですが
今のところ毎号8部程度。
先着順で、【イタリア料理とアジアごはんコース】に
ご登録の生徒様を優先でどうぞ




☆お料理教室ランキングに参加しています。
ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ



【シチリア×アラブ 】料理 リクエストレッスン12月13日 募集中!

 先週末、無事帰国致しました。
マグレブ諸国2カ国(チュニジア&モロッコ)の旅はとても新鮮で、
また2カ国の大きな差を肌で感じることが出来ました。

さて10月にとても好評を頂いた【シチリア料理×アラブ】をテーマとした
シチリア料理とモロッコ&チュニジア料理レッスンを
再度、行うことになりました。
メニューは計8品!!!
大変にお得なレッスン内容です☆。
前回ご都合の合わなかった方、
この機会に是非ご参加くださいませ。
本場で体験したテイストを更に加え、ブラッシュUPバージョンをお届け致します。

☆【シチリアのサラダ】 オレンジとケイパーベリーのサラダ
  〜自家製オレンジドレッシングレシピ〜
☆【チュニジアのサラダ】 野菜のキューブサラダ
  〜自家製ツナとベースシックドレッシング〜
☆【シチリアの温前菜】 かぼちゃのアグロドルチェ
☆【モロッコのスープ】 ハリラ  
☆【モロッコのタジン】  冬野菜タジン
☆【チュニジア&モロッコ】 クスクス
☆【シチリア伝統菓子】 カンノーリ
☆【モロッコのデザート】 薔薇のデサート
  〜自家製Soyヨーグルト〜

日時
12月13日(月)19:00より 残り1席
¥6500

お申し込み
tatinshomekitchen38@yahoo.co.jp


☆お料理教室ランキングに参加しています。ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


PA011727.JPG

PA011732.JPG

PA011723.JPG

P9301697.JPG
 
PA011733.JPG

PA031762.JPG

P9301706.JPG


【シチリア×アラブ 】料理 レッスン風景

 P9301714.JPG

PA031767.JPG

さて10月のMediterranean Cruise 地中海料理クラスでは、
【シチリア料理×アラブ】をテーマに
シチリア料理とモロッコ&チュニジア料理をご紹介致しました。
イタリア留学中に一番長く滞在したシチリアは、
位置的にチュニジアのすぐ真北となり
アラブの影響が色濃く残るお料理やお菓子に溢れ、
シチリアの市場の雰囲気や古い遺跡、歴史的建造物からも
アラビックな影響が垣間見られます。

さて10月のメニューは計8品!!!
シチリアへの思い入れが強すぎて・・・
ちょっと頑張り過ぎてしまいました・・・(笑)↓

☆【シチリアのサラダ】 オレンジとケイパーベリーのサラダ
  〜自家製オレンジドレッシングレシピ〜
☆【チュニジアのサラダ】 野菜のキューブサラダ
  〜自家製ツナとベースシックドレッシング〜
☆【シチリアの温前菜】 かぼちゃのアグロドルチェ
☆【モロッコのスープ】 ハリラ  
☆【モロッコのタジン】  秋野菜タジン
☆【チュニジア&モロッコ】 クスクス
☆【シチリア伝統菓子】 カンノーリ
☆【モロッコのデザート】 薔薇のデサート
  〜自家製Soyヨーグルト〜
PA011727.JPG

PA011732.JPG

PA011723.JPG

P9301697.JPG
 
PA011733.JPG

PA031762.JPG

P9301706.JPG

とても活気のあるクラスとなりました。
参加してくださった生徒様、ありがとうございました。
次回は2月のレッスンで冬野菜を堪能するタジン鍋クラス開催予定です。

さて講師のTatin(タタン)は本日よりしばらくチュニジア&モロッコに
食いしん坊旅行に行ってきます。
マグレブ文化をしっかり楽しんで参ります。
今後ともよろしくお願い致します。


★☆☆ タジン鍋とシチリア料理 ☆☆★

tajinn.jpg
 
昨年ブームとなったタジン鍋。
もうすっかりお馴染みですよね。
タジン鍋といえばモロッコ料理。モロッコと言えばタジン鍋。
↑の写真はスペインの業務用素焼き鍋のメーカーRegas社製のもの。
スペインはモロッコの北側に位置するだけあって、
スペイン製のタジン鍋は結構多く作られています。
業務用なのでモロッコのものより、ちょっと丈夫かもしれません。

モロッコのものよりも深さがあって煮込み系やたくさんの量の野菜を入れて
蒸しあげる野菜の↓のようなタジン鍋料理にはもってこいです。
こちらは夏にレクチャーを受けた夏野菜のタジンです。
P8281042.JPG

さて10月のMediterranean Cruise 地中海料理クラスでは、
【シチリア料理×アラブ】をテーマに
シチリア料理とモロッコ&チュニジア料理をご紹介します。
イタリア留学中に一番長く滞在したシチリアは、
位置的にチュニジアのすぐ真北となり
チュニジアのチュニスまで飛行機で45分と
1.5h以上かかるミラノよりもずっと近いのです。
アラブの影響が色濃く残るお料理やお菓子に溢れ、
シチリアの市場の雰囲気や古い遺跡、歴史的建造物からも
アラビックな遺伝子をひしひし感じておりました。
シチリアのトラーパニという塩で有名な町の伝統料理が
魚のクスクスであることからもそのことはよく分かります。
また、チュニジアに多く残るローマ遺跡が
シチリアに残る遺跡と特に似通っている点もそのことを示しています。

さて今回のメニューはこちら↓

☆シチリア&チュニジアのサラダ
☆シチリア風前菜  数品
☆モロッコ風秋野菜タジン&クスクス
☆シチリア伝統菓子 カンノーリ
☆薔薇のデサート

10月2日(土)    定員6名様
17:30-21:30

10月6日(水)    
定員6名様
19:00-22:30すぎ

追加レッスンとして募集中
 10月1日(金)   
 定員6名様
12:00-16:00

レッスン料 : 6500円

お申し込み&お問い合わせはこちらまで!
tatinshomekitchen38@yahoo.co.jp 


さて、今回レッスンにあたり購入を迷いに迷ったタジン鍋。
色々あるのでご紹介しますね。
tb0050_01.jpgtb0050_02.gif
モロッコ製の真っ赤でキュート極まりないタジン鍋。

P8281047.JPGP8281046.JPG
お世話になっているモロッコ料理の師匠のタジン鍋。
左がモロッコ製、右がイケア製のもの。
イケア製、鍋がテフロン張りで深型でかなり実用的。



P8281052.JPG
そしてこちらが同じくモロッコ料理の師匠のデコレーション用のタジン鍋。
浮き彫り模様と深いブルーのカラーがなんとも素敵です。
こんな素敵なデコレーション用のタジンに盛り付けして
お料理を出せたら・・・と私の憧れの的です。


☆お料理教室ランキングに参加しています。ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

追加クラス 『モードでミラノな野菜イタリア料理』クラス募集中!

 6月のMCコースのレッスンを9月のリクエストレッスンとして
追加クラスを設けることになりました。

テーマは・・・『モードでミラノな野菜イタリア定食』  です。

ご興味持って頂ける方がいらっしゃいましたら
是非ご参加下さいませ。まだお席、ご用意が可能です。
ご連絡お待ちしております。

 P6260173明.jpg   P6260210 明.jpg 
               1.                               2.           
  
     P6260200明.jpg     P6260214.JPG
   3.                                 4.
  

1.【Antipasto Freddo】 Soyリコッタと木の実のクレーマの菜園風 
今回はちょっと秋バージョンのお野菜に変身します。

2.【Primo Piatto】 自家製ムスコロ・ディ・グラーノのクレープ包み焼き

3.【Secondo Piatto】 フェンネルと白身魚のソテー キャロットレモンソース
こちらのメニューのフェンネルも秋野菜になる予定です。

4.【Dolce】 季節の柑橘とトマトのスープ仕立て

以上の4品です。


今年5月のイタリア滞在中に回ったミラノの野菜中心のレストランで体験したお食事を
自分なりに解釈してこちらの4つのメニューに致しました。
ミラノで流行の野菜のソース使いや、
ちょっと珍しいイタリア食材の取り入れ方などもお話させて頂く予定です。
また、現地の専門レストランで食した『ムスコロ・ディ・グラーノ』という
イタリア版のベジミートを家庭でも作れるレシピでご紹介致します。
他では味わえない一品です。ご期待くださいね。

今回のレッスンメニューのポイントは・・・
ー¬0遒譴襪野菜のソースとスープ(ベジ対応)を計5つ!
∪乎呂鮑遒辰督召阿望討韻襪發舛發船レープ(ベジ対応)
イタリア版ベジタブルミートをご自宅でも!


注)
メインのお料理に白身魚(目鯛を予定)のメニューを取り入れておりますが、
お魚が苦手な生徒様にはいろいろお野菜のグリルをご用意することも可能ですので、
遠慮なさらずにお申し出下さいませ。



***    9月のリクエストレッスン   *** 

【Class2:Mediterranean Cruise  
                          メディテラネアンクルーズ】 クラス

テーマ : 
『 モードでミラノな野菜イタリア定食 』

     
最新のミラノの野菜ブーム事情をお伝えするべく、
      話題のVeggyレストランのテイストでお楽しみ頂ける      
      旬の野菜をたっぷりのモードでスタイリッシュな
      新しいイタリア料理のクラスです。
      定食と名付けましたが、おもてなし料理となります。  
            講師が一番オススメのクラスです。     
   
       


日時
追加クラス 9月27日(月)19:00−22:30 空席あり
レッスン料 : 6500円

お申し込み・お問い合わせ先
tatinshomekitchen38@yahoo.co.jp

P6260207.JPG
〜6月のMCコースのテーブル〜
ミラノのコンテンポラリーレストラン
『PANE E ACQUA パーネ・エ・アクア』のイメージより


☆お料理教室ランキングに参加しています。ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村


☆★タパス×イタリア★☆ その3

 P8210973.JPG  P8210954.JPG
 ガスパチョ☆ちょっとイタリアンテイスト    きのこのエスカベッチェ

 P8210969.JPG  P8210959.JPG
 ムール貝のオーブン焼き            エビのガーリックソテーとバジルのサルサ

 P8200901.JPG    P8200907.JPG
 コカ.坤奪ーニと玉ねぎのレモン風味   コカ▲▲鵐船腑咫オリーブ&ケッパー

今日は8月の地中海料理クラス
(MediterraneanCruiseメディテラネアンクルーズクラス)の初回レッスンがありました。
今回のテーマは☆★タパス×イタリア★☆ということで、
スペインのタパス(前菜的な小皿料理)にイタリアンテイストを加えた内容のメニュー。
夏らしく、たっぷりの夏野菜を使用したタパスをお楽しみ頂きました。
横浜の老舗スペイン料理店直伝のサングリアや
オレンジとアボカド、レンズ豆のサラダもプラスして、
話に花を咲かせながらのバル時間となりました。
今回は生徒様に交じって私もお席にお邪魔して、
皆で作ったタパスをちょこちょこつまみました。
つまみながら、飲みながらのおしゃべりは
しばし時間を忘れてしまいました。
ご参加頂きました生徒様、どうもありがとうございました。


次回は下記の様に予定しています。
ご連絡お待ちしております。
8月25日(水)  定員6名様/空席あり
19:00-22:30
レッスン料 : 6500円

お申し込み・お問い合わせ先
tatinshomekitchen38@yahoo.co.jp


☆お料理教室ランキングに参加しています。ポチッとして頂けたら嬉しいです。☆
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM